笠原棚田米新聞2020年3月号

新型ウイルスにより、皆さんの生活やお仕事に大きな影響が出ていることと思います。
目に見えないもので、答えがわからない部分も多く、
不安な気持ちになられている方も多いと思います。

暖かな冬が終わり、笠原は菜の花が満開。
草木の花々や新芽が美しい春の景色になってきました。
これまでと違う春のようですが、いつもと同じように思えたりもして、
自然はたくましいなと感じています。
体調やお時間の許す方は、身近な自然に訪れ、
のんびり歩いたり景色を眺めることをお勧めします。
テレビやインターネット、世の中の喧騒から距離を置く時間も大切かなと思いました。

今月のお米

お米を通じて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」、
3月4日に、3月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
川原 孝行さんの「つくしろまん(特栽米)」をお送りしています。

昨年の米づくり、近所の農家はどこも減収でしたが、
我が家は全体で1俵プラスとなりました。
昨春、水害で壊れていた堰が復旧されて、
充分な水が得られるようになったことが良かったように思います。
田植え時期は雨不足でしたが、うちは予定通りに植え付けすることができました。

今年72歳になります。
あと何年できるか、近所の田んぼの管理をどこまでやれるかわかりませんが、
田植えと稲刈りには息子と娘婿が手伝いに来てくれています。
子供たちは、一年分のお米をもらって帰るのが目的ですが、
やるほうも楽しみでやりがいになります。
美味しいお米ができるよう今年の作付もがんばりたいと思います。
皆さんどうぞよろしくお願いします。
(川原孝行)

笠原棚田米新聞2020年3月号

「笠原棚田米サポーター」募集中です!

笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
棚田米サポーターさんを随時募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。↓↓

笠原棚田米プロジェクトのページ

【現在のサポーター数】2月84名→87名/120俵(個人:85、企業/団体:2)
【守られている棚田面積】20,000㎡(120俵⇒200a 収量6俵/10aとして)