笠原棚田米新聞2020年11月号

10月は晴天続きで稲刈りが順調に進みました。
西日本ではウンカ被害が多く、やや不作、不作の地域も多かったようですが、
笠原地区のお米はよくできたのではないかと思います。

今月から2020年・令和2年度産のお米をお届けします。
一年間どうぞよろしくお願いします!!

今月のお米

お米を通じて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」、
11月4日に、11月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
松本和広さん「つくしろまん(新米)」
をお送りしています。

田植え後の7月に雨が多かったので、
コブノメイガやイモチ病などの病害虫を心配していましたが、
8月の晴天で乗り切ることができました。
その後、9月の長雨で穂イモチ病がでないか心配していましたが、
収量はやや多く、虫食いはほぼ無し、うまか米がとれました。
ただ、穂の稔り具合にバラつきがあったようで、
青米(緑がかったお米)が少し目立つようです。
通常、青米が多いと収量が減るのですが、量は多く取れたので、
8月の出穂期の天気・気温が良い方に作用したのかなと考えています。
 

棚田米サポーターの皆さんには、食べ続けていただいて感謝します。
がんばって棚田での米づくりを続けていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。
(松本和広)

笠原棚田米新聞2020年11月号

「笠原棚田米サポーター」募集中です!

笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
棚田米サポーターさんを随時募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。↓↓

笠原棚田米プロジェクトのページ

【現在のサポーター数】10月88名→81名/103.5俵(個人:79、企業/団体:2)
【守られている棚田面積】17,250㎡(103.5俵⇒172.5a 収量6俵/10aとして)