笠原棚田米新聞2023年1月号

あけましておめでとうございます!

いつも笠原棚田米プロジェクトへの応援をありがとうございます。

プロジェクト10年目となる2023年も、
引き続きサポーターの皆さん、農家、事務局と力をあわせて、
笠原の棚田の風景を守り育んでいきたいと思います。

今年一年もどうぞよろしくお願いします!

(笠原棚田米プロジェクト農家・事務局一同)

今月のお米

お米を通じて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」、
1月5日に、1月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
安達保さん・美佐子さんの「ヒノヒカリ」:上村地区(南畑田)
をお送りしています。

あけましておめでとうございます。

今シーズンの米づくりは、
田植えの時期に水不足で心配しましたが、
8月頃からは雨がちょうどよく降り、順調に育ちました。
病気も少なくてよかったです。

9月の刈り取りの時期に2度の台風に見舞われ大変心配しましたが、
わが家の田んぼでは幸いなことに影響は少なく、
例年通りの収穫となりほっとしています。

一方で、稲刈りのあと雨が続いたので、
稲わらがうまく乾かず大変でした。
わが家ではブドウ畑に稲わらを敷くので、
稲わらも大事な収穫物なのですが、
いつもの半分くらいしか取れず、
足りないかもしれないなと心配しているところです。

毎年いろいろありますが、
こうしてこの10年米づくりを続けてこれたのは、
サポーターの皆さんの応援のおかげです。
いつもありがとうございます。
今年もおいしいお米ができるように頑張りますので、
よろしくお願いします。
(安達保・美佐子)

笠原棚田米新聞2023年1月号

お米はオンラインショップから購入いただけます!

山村塾オンラインショップ

山村塾の公式Instagram更新中!

日々の活動を発信しています。ぜひ覗いてみてください。

棚田動画、公開中!チャンネル登録お願いします!!

「笠原棚田米サポーター」募集中です!

笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
棚田米サポーターさんを随時募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。↓↓

笠原棚田米プロジェクトのページ

【現在のサポーター数】12月77名→75名/102俵(個人:72、企業/団体:4)
【守られている棚田面積】17,000㎡(102俵⇒170a
収量6俵/10aとして)