ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

NPO法人 山村塾 | 米づくり 森づくり 人づくり@八女市黒木町

ここから本文です

お知らせ

2018年08月のバックナンバー 記事一覧

その他のお知らせ

2018年8月のイベント情報

8月、夏本番です!
びっくりするような暑さが続きますが、
笠原の川や山で遊ぶのも楽しい季節。
夏の笠原にもぜひ遊びにきてくださいね^^

※情報は随時更新します


8月3日(金)~5日(日)
山村塾子どもキャンプ「山村たんけんキャンプ」

黒木の自然の中でおもいっきり遊ぼう!
農作業や食事づくりもがんばろう!
たくさんの友達を作ろう!!
夏休み恒例の山村塾子どもキャンプ、小学生のみんなの参加を待っています!

詳細ページ⇒

子どもキャンプ

8月18日(土)~19日(日)
里山ミニワーク「棚田の草刈り」

様々ないきものが住み、美しい風景を楽しませてくれる棚田を守るため、
「棚田の草刈り」を行います。
お盆過ぎの畦草刈りを行うことで、9月中旬には美しい彼岸花を楽しむことが出来ます。
草刈機を使いますが、初心者の方には講習も行いますのでぜひ!

詳細ページ⇒

棚田の草刈り

8月26日(日)
稲作コース「鴨の引き上げ・赤米の花見」

田植えから2か月ちょっと。
これまで田んぼで草取りや虫取りをがんばっていたアイガモくんたちも、
稲穂が出てくるころになると、田んぼでの役目が終わります。
アイガモたちを田んぼから引きあげてお引越しをさせたあと、
田んぼを囲っていたネットを片付けます。
アイガモくんたちの田んぼ卒業を、みんなで手伝いましょう!

詳細ページ⇒

鴨の引き上げ


行事はどなたでも参加できます!
詳細は、各イベントの募集ページをご覧いただくか、
事務局までお知らせください。

◆お申込み・お問合せ先

〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1 えがおの森
TEL・FAX:0943-42-4300(10:00~17:00)
Mail:info●sansonjuku.com (●を@に変えてください)
WEB:http://sansonjuku.com
facebook:https://www.facebook.com/sansonjuku/

※お申し込み〆切は、各イベントの3日前です。


★関連イベント

8月29日(水)~31日(金)
九州大学ソーシャルアートラボ 実践講座 シリーズ「アートと社会包摂」
奥八女芸農学校(受講生募集中!8/15〆切)

九州大学ソーシャルアートラボと山村塾により実施される「奥八女芸農学校」では、アートと農のつながりを考える合宿形式の講座や、滞在アーティストとのディスカッションを行います。

合宿形式の講座では、地域に暮らす人々の日常や土地の歴史から立ち上がる「民俗芸能」を探求する武田力さん、異なる人々同士の丁寧な対話と交歓を通じたアートワークを展開するジェームズ・ジャックさんによるレクチャーやワークショップを体験します。ディスカッションでは、笠原地区に滞在した武田力さんによる成果発表を手がかりに対話の場をひらきます。「地域とアート」「農とアート」について、現場に立つことからじっくり考える方のご応募をお待ちしています。

詳細はこちら⇒(九大ソーシャルアートラボHP)

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞 2018年8月号

夏本番!8月です。
ギラギラの日差しをあびて、田んぼの稲もすくすく育ち
田んぼも青々としてきました。

8月の田んぼ

お米をつうじて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
8月1日(水)に、8月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
安達保さんのお米「ヒノヒカリ」をお送りしています。

また、「笠原棚田米新聞」2018年8月号も発行しました。

棚田米新聞8月号

「棚田米新聞2018年8月号」
↑こちらからダウンロードできます

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!
 笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
 お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
 棚田米サポーターさんを随時募集しています。
 詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

草取り
ワークキャンプのボランティアと一緒に田んぼの草取りに励んでいます

稲
稲もすくすくと育っています

≫ 続きを読む