ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

NPO法人 山村塾 | 米づくり 森づくり 人づくり@八女市黒木町

ここから本文です

お知らせ

笠原棚田米プロジェクトカテゴリ :  記事一覧

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞2019年10月号

秋の棚田

平成30年度産米のお届け最終回です。
一年間どうもありがとうございました。

笠原棚田米プロジェクト6年目の平成30年度産からは
仕組みをリニューアルしてお届けしてきました。
おかげ様で9名の棚田米農家さん、
90名を超えるサポーターさんに参加いただき、
美しい棚田の風景を守る取り組みを続けて来ることができました。

大雨や猛暑、台風災害など気候の厳しさが増してきたように感じますが、
食べる人と作る人がお互いの顔を思い浮かべてつながることが
棚田保全の大きな力になると確信しております。

笠原では収穫の秋を迎え、稲刈りが忙しくなってきました。
次回11月からは令和元年産の新米をお届けします。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

お米を通じて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
10月2日に、10月分の棚田米を発送しました。

今月のお米

今月はサポーターのみなさんに、
山村塾無農薬栽培実験田(屋敷地区)
「ヒノヒカリ(農薬化学肥料不使用)」
をお送りしています。

田植え
※写真は今年の田植え、ドゥイさん(ベトナムからのボランティア)です。

標高420mにて農薬化学肥料を使わない米づくりに挑戦しています。
レンゲすき込み、有機質肥料を少し、除草のための米ヌカ散布と深水管理を行い、
7年目となりました。
田植え前の代掻きや稲刈りは大橋幸太郎さんに、
田植え作業はイベントでサポーターさんや黒木町内の子供たち、
えがおの森ボランティア、農家さんらに手伝ってもらっています。

棚田での米づくり、無農薬での米づくりはとても手間暇かかりますが、
多くの皆さんに手伝ってもらって継続することができています。

棚田米新聞

※「笠原棚田米新聞2019年10月号」
↑こちらからダウンロードできます

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!

笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
棚田米サポーターさんを随時募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

【現在のサポーター数】8月93→93名/113.75俵(個人:91、企業/団体:2)
【守られている棚田面積】18,958㎡(113.75俵⇒189.6a 収量6俵/10aとして

稲刈り
稲刈りが進んでいます

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞2019年9月号

豪雨時の棚田

8月末だというのに、7年前の豪雨を思い出すほどの大雨が降りました。
水害によりお亡くなりになられた方のご冥福を祈るとともに
被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

笠原地区では、7年前ほどではありませんが、川の護岸や道路がダメージを受けたり、農地や水路に土砂が侵入したりの被害が発生しています。雨が落ち着いてからは、地域の共同作業などで土砂撤去が行われていますが、稲刈りを終えないと田んぼに入り込んだ木の枝や石は取り除けないでしょう。
いろいろと復旧作業は大変ですが、笠原の農家さんは7年前の経験のおかげか、落ち着いて作業に取り組んでおり、頼もしく感じます。

稲穂が稔りはじめ、間もなく収穫の季節を迎えます。これからは台風やイノシシの被害が出ないことを願いながら、毎日のお米の生育を眺めていきたいと思います。
11月に新米をお届け予定です。皆さんどうぞお楽しみに!!

お米を通じて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
9月4日に、9月分の棚田米を発送しました。

今月のお米

今月はサポーターのみなさんに、
大橋幸太郎さんのお米「ヒノヒカリ(農薬化学肥料不使用)」をお送りしています。

棚田米農家さん

笠原棚田米プロジェクト農家で最年少の大橋幸太郎さん(39歳)は、重機作業の名人です。
今回の大雨被害後は、毎日のように重機に乗って、農道や田畑の土砂を片づけてくれています。
機械の修理や溶接も得意で、山村塾でもいろいろと助けてもらっています。

写真は、小型バックホーで丸太をつかんで、
その丸太で道路の側溝に詰まった土砂をかき出しているところです。
お疲れ様です!

棚田米新聞

「笠原棚田米新聞2019年9月号」
↑こちらからダウンロードできます

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!

笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
棚田米サポーターさんを随時募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

【現在のサポーター数】8月93→93名/113.75俵(個人:91、企業/団体:2)
【守られている棚田面積】18,958㎡(113.75俵⇒189.6a 収量6俵/10aとして

9月の棚田
9月の田んぼは稲穂が実りはじめ、彼岸花が棚田を彩ります。

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞2019年8月号

8月の田んぼ
8月の田んぼしごとは、草取り!

遅い梅雨入り、遅い梅雨明け、局所的な豪雨、そして猛暑。
自然を相手にする農家の仕事は、難しいことばかりです。
それでも毎日の天気や作物の育ち具合を見ながら、
丁寧に手間暇かけて続けなくては、良い作物は育ちません。
今年も暑さや大雨を乗り越えて、稲がすくすくと生長しています。
実りの秋まであと少し。どうぞ皆さんお楽しみに!!

お米を通じて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
8月7日に、8月分の棚田米を発送しました。

今月のお米

今月はサポーターのみなさんに、
安達保さん、美佐子さんのお米「ヒノヒカリ(特別栽培米)」をお送りしています。

棚田米農家さん

今年は田植えのころに水が不足して、谷からポンプで水を汲み上げるなど、水の工面に追われました。その後は天気もよく、順調に稲が育っています。8/6の台風8号による稲の倒伏を心配しましたが、天気の良い日に中干しをしていたので、根がしっかりと張り、風に負けずにすみました。

夏の時期は、巨峰の収穫のため、朝3時に起床して収穫作業、出荷作業を夫婦二人で行い、昼までに集荷場に持ち込んでいます。朝早いのは大変ですが、午後はゆっくりできるので、夏場の農作業としては丁度いいかなと思っています。
巨峰の収穫はあと3日くらいで終わるところだったのですが、台風8号に備えてハウスのビニルを剥がしました。ビニルを剥がすとカラスに狙われるので、本当はやりたくないのですが、ハウスを守るためには仕方ないですね。
暑い夏がまだまだ続きます。皆さん、熱中症に気をつけてお過ごしください。(安達美佐子)

棚田米新聞

「笠原棚田米新聞2019年8月号」
↑こちらからダウンロードできます

※農薬化学肥料不使用をお申込みの方、玄米注文の方には、
 大橋幸太郎さん「農薬化学肥料不使用ヒノヒカリ」をお届けしています。

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!

笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
棚田米サポーターさんを随時募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

【現在のサポーター数】7月91→93名/113.5俵(個人:91、企業/団体:2)
【守られている棚田面積】18,917㎡(113.5俵⇒189.2a 収量6俵/10aとして)

田の草取り
暑い中、田んぼの草取りをがんばっています

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞2019年7月号

田植え

平年6/5ごろの梅雨入りが、2019年は6/26でした。
こんなに梅雨入りが遅かったのは記憶にありません。
過去データを見ても最も遅い梅雨入りだったそうです。

笠原の農家さんらからは、田んぼに水が貯まらない、
なんとか田植えをしたが干上がってしまった、など水不足の声が聞かれました。
梅雨入りしたかと思うと、今度は豪雨。
今週も梅雨前線が九州に停滞するようで、大きな被害が出ないことを願うばかりです。

棚田米の田植え
みんなで田植えをしました!

お米を通じて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
7月3日に、7月分の棚田米を発送しました。

今月のお米

今月はサポーターのみなさんに、
桁山稔博さんのお米「ヒノヒカリ(特別栽培米)」をお送りしています。

「6月の雨量がなく、ようよう雨が多くなってきた。
 いつもなら2日くらいで荒代掻きが終わるところを、
 水がないので今年は1週間もかかった。
 朝5時からはキュウリの手入れがあり、忙しくてまだ田植えが終わっとらん。
 でもあともう少しで7/5には終わる予定。」
 との桁山さん。
10年位前から近所の田んぼを引き受けて面積が増え、
いまは60アール(6000㎡)13枚の棚田で米づくりを行っています。

棚田米農家さん

田んぼ仕事と並行して、夏場はキュウリ栽培。
今500本のキュウリを管理しており、7月にあと500本植えるそうです。
そして、キュウリ収穫後の畑にはインゲンを植え、
10月末からインゲン収穫とのこと。
11月の棚田米発送には、「インゲンを皆さんにプレゼントしたい。」と
約束をいただきましたので、棚田米サポーターの皆さん、お楽しみに!!

棚田米新聞

※「笠原棚田米新聞2019年7月号」
↑こちらからダウンロードできます

※農薬化学肥料不使用をお申込みの方、玄米注文の方には、
 大橋幸太郎さん「農薬化学肥料不使用ヒノヒカリ」をお届けしています。

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!

笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
棚田米サポーターさんを随時募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

【現在のサポーター数】6月90→91名/112.5俵(個人:89、企業/団体:2)
【守られている棚田面積】18,750㎡(112.5俵⇒187.5a 収量6俵/10aとして)

田植え
無事に令和最初の田植えができました!

≫ 続きを読む