ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

NPO法人 山村塾 | 米づくり 森づくり 人づくり@八女市黒木町

ここから本文です

お知らせ

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞 2018年2月号

2月、寒い寒い季節です。
笠原は福岡県内でも冷え込みが厳しい地域のひとつ。
寒暖の差が激しいのですが、
そんな気候がお茶や米づくりに向いているのだそうです。

雪の棚田

お米をつうじて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
2月7日に、2月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
安達 保さんのお米「ヒノヒカリ」をお送りしています。

また、「笠原棚田米新聞」2018年2月号も発行しました。

棚田米新聞2018.02

※笠原棚田米新聞2018年2月号
↑こちらからダウンロードできます

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!
 笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
 お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
 棚田米サポーターさんを随時募集しています。
 詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

上村の田んぼ

安達さんの田んぼは、笠原の上村地区にあります。
山からの水が豊富で、広範囲にわたる棚田がとても美しいところです。

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞 2018年1月号を発行しました

2018年になりました!
笠原棚田米プロジェクトがスタートして5年の節目を迎えます。
今年もおいしいお米をお届けできるよう、農家・関係者一丸となってがんばりますので
どうぞよろしくお願いします!

雪の棚田
この時期の棚田は、たまに雪に覆われます。きれいです。

お米をつうじて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
1月10日に、1月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
小川誠二郎さんのお米「ヒノヒカリ」をお送りしています。

また、「笠原棚田米新聞」2018年1月号も発行しました。

棚田米新聞

笠原棚田米新聞2018年1月号(PDF)
↑こちらからダウンロードできます

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!
 笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
 お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
 棚田米サポーターさんを随時募集しています。
 詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

小川さんの田んぼ
小川さんの田んぼ。石垣がとてもきれいなんです!

≫ 続きを読む

その他のお知らせ

2018年2月~3月のイベント情報

2018年、あけましておめでとうございます。
今年も田んぼや山で、みなさんと活動できるのを楽しみにしています!
さてさて、冬真っ盛りの笠原ですが、
冬には冬の楽しみがたくさんあります。
寒さに負けず、里山の冬を楽しみましょう!!

※情報は随時更新します

雪の中
たまに雪がけっこう降るけど、山村塾は元気に活動中です!

2月4日(日)
【山林コース】しいたけ菌打ち

ドリルで穴を開けたクヌギの原木に、しいたけの種ゴマを金づちで打ち込みます。
たき火に当たりながら、コン、コン、コンと音が響きあう楽しい作業です♪

しいたけ菌打ち

2月10日(土)~11日(日)
【里山ミニワーク】農産加工(納豆・味噌づくり)

昔ながらの方法で納豆を仕込んだり、お手製の味噌づくりに挑戦してみませんか?
四季菜館の味噌作りや農作業を手伝いつつ、自分たちの味噌も一緒に仕込んじゃおう!
というイベントです。自分で仕込んだお味噌は格別ですよ~

詳細ページ⇒

なっとうづくり

2月18日(日)
【里山ミニワーク】植林準備

2/25(日)に行う山林コース「植林」に向けて、植林準備(地ごしらえ)を行います。
作業予定地に残った枝葉などの片付けです。

詳細ページ⇒

地ごしらえ

2月25日(日)
【山林コース】植林

山村塾の山林コースでは、いろいろな生き物が住む森づくりを行っています。
今回は、山村塾のフィールド「パッチワークの森」に隣接する山林で、
約500本のスギの木を植える予定です!
森づくりのはじめの一歩、植林。

たくさんのご参加お待ちしておりますよ~

詳細ページ⇒

植林

3月11日(日)
【山林コース】炭焼き

山村塾の炭窯で、炭のタテカエを行います。
タテカエとは、前回焼いた炭を取り出して、
新しい炭木を仕込む作業です。
タイミングが合えば、しいたけや山菜も収穫できるかも!
また、夜は炭窯の火の番をしながらBBQキャンプも行います。

詳細ページ⇒

炭焼き


*山村塾の行事・イベントについて*

どなたでもご参加できます!
詳細は、各詳細ページをご覧いただくか、
事務局までお問い合わせください。

山村塾Facebookでも、イベント情報を随時更新しています。
⇒山村塾facebook イベント一覧

【お問い合わせ先】

特定非営利活動法人 山村塾
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1
TEL・FAX 0943-42-4300
Eメール:info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
山村塾HP:http://sansonjuku.com

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

棚田米新聞2017年11月号・12月号

稲刈りが終わると、農家さんもほっと一息。
収穫ありがとう!のお祭りの季節になります。
そのあと春までしばらく、田んぼが静かな季節になります。

稲刈り後の棚田
棚田も春までひとやすみ

お米をつうじて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
笠原棚田米新聞2017年11月号と12月号のご紹介です。

11月は松本和広さんの「つくしろまん」です

tanada201711.jpg

※棚田米新聞2017年11月号
↑こちらからPDFをダウンロードできます

12月は石崎辰之助さんの「ヒノヒカリ」をお届けしました。

棚田米新聞11月号

※棚田米新聞2017年12月号
↑こちらからPDFをダウンロードできます

11月の発送で、この笠原棚田米プロジェクトは5年目を迎えました!
5年買うぞ宣言に支えていただき、ここまで続けることができました。
ありがとうございます!
5年目の笠原棚田米もどうぞよろしくお願いします!

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!
 笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
 お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
 棚田米サポーターさんを随時募集しています。
 詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

ヤギとお米
5年目もよろしくおねがいしますめ~!

≫ 続きを読む