ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

NPO法人 山村塾 | 米づくり 森づくり 人づくり@八女市黒木町

ここから本文です

お知らせ

その他のお知らせ

2018年10月のイベント情報

10月、いよいよ収穫の秋です!
黄金色に染まった棚田がとても美しい季節。
おいしいものも、もりだくさんです。
すごしやすい季節、ぜひ秋の里山に遊びにいらしてくださいね。

秋の棚田
田んぼが黄色く染まり、あちこちで稲刈りが始まります。


10月8日(月・祝)
削り馬づくりワークショップ

身近な森から生の木を伐り出し、人力の道具で割ったり削ったりして、
小物や家具を作るグリーンウッドワーク。
今回は、森林づくり活動に関わる方を対象に、

グリーンウッドワークに欠かせない作業道具「削り馬」を制作するワークショップを開催します。

詳細ページ⇒

10月14日(日)
稲作コース「稲刈り」

6月にみんなで田植えをした、稲作コースの田んぼでいよいよ稲刈り!
ノコ鎌で稲を刈り、掛け干しをします。
昔ながらの道具を使って、脱穀にも挑戦します。
お昼は羽釜で炊いた新米ごはんです!

詳細ページ⇒

稲刈り

10月20日(土)~21日(日)
里山ミニワーク「炭焼き・枝打ち」

山しごとの季節がやってきました!
1日目は山村塾の炭窯で、炭焼きしごとをします。
前回焼いた炭を取り出して、新しい炭木を仕込む作業です。
朝まで窯の火がとぎれないように、夜は火の番をしながらBBQキャンプも行います。
翌日は山林コース「枝打ち」に合流します。
山で汗をながす2日間です。

詳細ページ⇒

炭焼き

10月21日(日)
山林コース「枝打ち」

木を健やかに育てるために必要な作業、「枝打ち」を行います。
余分な枝をざくざく落としていくと、森のなかが明るくなっていきます!
子どもたちにも大人気の山しごとです。

詳細ページ⇒

枝打ち

10月27日(土)~28日(日)
全体行事「鴨さばき」

命をいただく、食を考える、山村塾の大事な行事「鴨さばき」
田んぼで米作りを手伝ってくれた合鴨たちの命をいただきます。
一日目に鴨を絞めて、毛むしりをし、
二日目に中抜き、解体を行います。
子ども達はもちろん、ご家族みなさんで参加してみませんか?

詳細ページ⇒

鴨さばき

10月27日(土)
福岡県森林づくり活動安全講習会「竹林整備(八女会場)」

福岡県では、森林づくり活動に参加する森林ボランティアの方などを対象に、
森林作業を安全に実施するための講習
会を開催します。
手道具基礎編「竹林整備」では、竹林整備の基礎についての講義と、
マダケ の竹林にてノコ、ナタ、ロープを使った整備方法の実習を行います。

詳細ページ⇒

竹林整備

10月28日(日)
福岡県森林づくり活動安全講習会「間伐」

福岡県では、森林づくり活動に参加する森林ボランティアの方などを対象に、
森林作業を安全に実施するための講習
会を開催します。
手道具基礎編「間伐」の回では、手道具(ノコ、ナタ)による安全な伐木造材作業、

ロープを用いた伐木方法について学びます。

※9月30日に実施予定でしたが、台風接近のため日程を変更し再募集します。

詳細ページ⇒

間伐

11月は…

山村塾がいちばん盛り上がるとき!
「収穫祭」を11月11日(日)に予定しています。
お楽しみに~!


行事はどなたでも参加できます!
詳細は、各イベントの募集ページをご覧いただくか、
事務局までお知らせください。

◆お申込み・お問合せ先

〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1 えがおの森
TEL・FAX:0943-42-4300(10:00~17:00)
Mail:info●sansonjuku.com (●を@に変えてください)
WEB:http://sansonjuku.com
facebook:https://www.facebook.com/sansonjuku/

※お申し込み〆切は、各イベントの3日前です。

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

平成30年度産 笠原棚田米サポーター募集中!

笠原棚田米プロジェクト

平成24年九州北部豪雨からの復興を目指し始まった「5年間買うぞ!笠原棚田米プロジェクト」。
おかげさまでスタートしてから目標の5年が経ち、
現在9軒の生産農家と約80名のサポーターさんが参加する取り組みに発展しました。

ありがとうございます!

今後も引き続き、美しい棚田を次世代に引き継いでいくことを目指し
棚田米プロジェクトを続けていきたい!と、メンバー一同決意を新たにしているところです。

そこでこのたび、当プロジェクトが6年目を迎えるにあたり、
今まで以上に多くの方にご参加いただけるよう仕組みを見直し、
笠原棚田米サポーター制度をリニューアルいたしました。

6年目を迎える笠原棚田米プロジェクトでは、
「食べて守るぞ!」宣言を行っていただくサポーターさんを募集し、
「食べる人」と「つくる人」が一緒になって、棚田の風景を守っていくことを目指します。

美しい棚田の風景を次世代に引き継ぐために、みなさまのご参加、ご協力をお待ちしております!


笠原棚田米プロジェクト 新しいチラシができました!

プロジェクトのリニューアルにあわせて、
笠原棚田米サポーター募集のチラシも新しくなりました!
サポーター制度の詳しい内容は、チラシをご覧ください。

棚田米チラシ

チラシ(PDF)ダウンロード

お申し込み用紙(PDF)ダウンロード

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞2018年9月号

9月の棚田はなんといっても彼岸花!
あちこちの棚田が赤く染まり、黄色く色づいてきた田んぼとのコントラストが美しいです。

彼岸花

お米をつうじて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
9月5日(水)に、9月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
大橋さんのお米「ヒノヒカリ」をお送りしています。

また、「笠原棚田米新聞」2018年9月号も発行しました。

棚田米新聞9月号

「棚田米新聞2018年9月号」
↑こちらからダウンロードできます

「笠原棚田米サポーター」大募集中です!
 笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
 お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
 棚田米サポーターさんを随時募集しています。
 詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

キツネノカミソリ
オレンジ色の、彼岸花の仲間「キツネノカミソリ」

稲穂
稲穂が垂れ始めています

≫ 続きを読む

その他のお知らせ

2018年8月のイベント情報

8月、夏本番です!
びっくりするような暑さが続きますが、
笠原の川や山で遊ぶのも楽しい季節。
夏の笠原にもぜひ遊びにきてくださいね^^

※情報は随時更新します


8月3日(金)~5日(日)
山村塾子どもキャンプ「山村たんけんキャンプ」

黒木の自然の中でおもいっきり遊ぼう!
農作業や食事づくりもがんばろう!
たくさんの友達を作ろう!!
夏休み恒例の山村塾子どもキャンプ、小学生のみんなの参加を待っています!

詳細ページ⇒

子どもキャンプ

8月18日(土)~19日(日)
里山ミニワーク「棚田の草刈り」

様々ないきものが住み、美しい風景を楽しませてくれる棚田を守るため、
「棚田の草刈り」を行います。
お盆過ぎの畦草刈りを行うことで、9月中旬には美しい彼岸花を楽しむことが出来ます。
草刈機を使いますが、初心者の方には講習も行いますのでぜひ!

詳細ページ⇒

棚田の草刈り

8月26日(日)
稲作コース「鴨の引き上げ・赤米の花見」

田植えから2か月ちょっと。
これまで田んぼで草取りや虫取りをがんばっていたアイガモくんたちも、
稲穂が出てくるころになると、田んぼでの役目が終わります。
アイガモたちを田んぼから引きあげてお引越しをさせたあと、
田んぼを囲っていたネットを片付けます。
アイガモくんたちの田んぼ卒業を、みんなで手伝いましょう!

詳細ページ⇒

鴨の引き上げ


行事はどなたでも参加できます!
詳細は、各イベントの募集ページをご覧いただくか、
事務局までお知らせください。

◆お申込み・お問合せ先

〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1 えがおの森
TEL・FAX:0943-42-4300(10:00~17:00)
Mail:info●sansonjuku.com (●を@に変えてください)
WEB:http://sansonjuku.com
facebook:https://www.facebook.com/sansonjuku/

※お申し込み〆切は、各イベントの3日前です。


★関連イベント

8月29日(水)~31日(金)
九州大学ソーシャルアートラボ 実践講座 シリーズ「アートと社会包摂」
奥八女芸農学校(受講生募集中!8/15〆切)

九州大学ソーシャルアートラボと山村塾により実施される「奥八女芸農学校」では、アートと農のつながりを考える合宿形式の講座や、滞在アーティストとのディスカッションを行います。

合宿形式の講座では、地域に暮らす人々の日常や土地の歴史から立ち上がる「民俗芸能」を探求する武田力さん、異なる人々同士の丁寧な対話と交歓を通じたアートワークを展開するジェームズ・ジャックさんによるレクチャーやワークショップを体験します。ディスカッションでは、笠原地区に滞在した武田力さんによる成果発表を手がかりに対話の場をひらきます。「地域とアート」「農とアート」について、現場に立つことからじっくり考える方のご応募をお待ちしています。

詳細はこちら⇒(九大ソーシャルアートラボHP)

≫ 続きを読む