ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

NPO法人 山村塾 | 米づくり 森づくり 人づくり@八女市黒木町

ここから本文です

お知らせ

2017年07月のバックナンバー 記事一覧

ニュース

KDDI株式会社九州総支社様よりご寄付をいただきました

2017年7月27日、福岡県NPO・ボランティアセンターにて
KDDI株式会社九州総支社様から山村塾へ
寄付金の目録贈呈をいただきました。

KDDI株式会社九州総支社 理事九州総支社長 三井智様より、
特定非営利活動法人山村塾 理事長 宮園福夫へ目録が贈呈され、
農山村の自然保護、棚田での無農薬米づくり、様々な生き物が住む森林保全活動のために
活用することを確認しました。

寄付金贈呈

(参考)KDDI株式会社 CSR(環境・社会)
http://www.kddi.com/corporate/csr/

★KDDI株式会社の寄付活動について
KDDI社内では社員一人ひとりの積極的なCSR活動への参加を願い、
2008年度下期から日常生活の中に何か1つ無理せず社会の役に立てる”イイコト”を推進する
社会貢献プロジェクト「+αプロジェクト」を行っています。
例えば清掃ボランティア、森林保全活動、エコキャップ、献血など、
社員による社会貢献活動に対し、内容に応じたポイントを付与、年度で集計し
1ポイント=100円に金額換算して会社が寄付する原資を作り、
各エリア単位で社員が推進する慈善団体などに会社が寄付する仕組みです。

≫ 続きを読む

ニュース

山村塾は特例認定NPO法人となりました

このたび山村塾は、事業や運営が適正であると認められ、
平成29年7月1日付で、福岡県より「特例認定NPO法人」として認定されました。

認定NPO法人制度は、NPO法人への寄付を促すために国が設けた税制優遇制度です。
運営組織や事業活動が適正であること等の要件を満たしたNPO法人に対して認定されます。

今後、山村塾へのご寄付は、確定申告することで寄付金控除の対象となります。
(詳細は下記をご覧ください)

皆様からのご寄付を得て、安定した財政のもと、
山村の自然を守る取り組みに子どもたちを含め気軽に参加して頂けるよう、
活動体制を整えていきたいと考えています。

今後とも、ご支援ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

認定交付式
6月30日、福岡県NPO・ボランティアセンターにて交付式がありました。

IMG_5661.JPG
認定証をいただきました!(毛利副理事長と小森理事)


山村塾への寄付に対する寄付金控除について

山村塾にご寄付いただいた金額から、2,000円を差し引いた額の
最大約50%(国税分40% + 地方税分10% × 1)が所得税や住民税から控除されます。

ヤマヤマ基金も対象です。
※詳しくは、内閣府NPOホームページをご覧ください。
 ・認定制度について(特例認定NPO法人とは)
 ・個人が認定・特例認定NPO法人に寄付した場合
 ・法人が認定・特例認定NPO法人に寄附した場合

寄附控除の方法

1.寄付をする

下記口座へお振込みでご寄付をお願いします。
その際必ず、お名前と住所を事務局までお知らせください。(領収書の発行に必要です)

【郵便振替口座】 (加入者) 山村塾 (口座番号)01740-4-88441
【ゆうちょ銀行】  (店名) 一七九店(店番:179) 当座 0088441

2.山村塾が発行する領収書を受け取る

寄付控除を受けるためには、所定の書式で作成された領収書が必要です。
領収書は、郵送またはスタッフが手渡しします。

3.確定申告する

所轄の税務署で、確定申告を行ってください。
確定申告書類は、最寄りの税務署か、国税庁のwebサイト(確定申告書作成コーナー)で作成できます。
添付書類として、山村塾が発行した領収書が必要です。
※年末調整では寄付控除を受けることはできません。

≫ 続きを読む

その他のお知らせ

2017年8月のイベント情報

8月、夏本番です!
川遊びも気持ちのいい季節。
陽射しはじりじり暑いですが、笠原に吹く風はさわやかです。
夏の笠原にもぜひ遊びにきてください~!

※情報は随時更新します


8月4日(金)~6日(日)
山村塾子どもキャンプ「山村たんけんキャンプ」

黒木の自然の中でおもいっきり遊ぼう!
農作業や食事づくりもがんばろう!
たくさんの友達を作ろう!!
夏休み恒例の山村塾子どもキャンプ、小学生のみんなの参加を待っています!

詳細ページ⇒

子どもキャンプ

8月26日(土)~27日(日)
里山ミニワーク「棚田の草刈り」

様々ないきものが住み、美しい風景を楽しませてくれる棚田を守るため、
「棚田の草刈り」を行います。
お盆過ぎの畦草刈りを行うことで、9月中旬には美しい彼岸花を楽しむことが出来ます。
草刈機を使いますが、初心者の方には講習も行いますのでぜひ!

詳細ページ⇒

棚田の草刈り

9月3日(日)
稲作コース「鴨の引き上げ・赤米の花見」

田んぼで働いてくれたアイガモを引き上げ、
田んぼを囲っていたネットを片づけます。
ちょうど赤米の花が美しいころ。
真っ赤に染まる田んぼも見て楽しみましょう!

詳細ページ⇒

鴨のひきあげ


行事はどなたでも参加できます!
詳細は、各イベントの募集ページをご覧いただくか、
事務局までお知らせください。

◆お申込み・お問合せ先

〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1 えがおの森内
TEL・FAX:0943-42-4300(10:00~17:00)
Mail:info●sansonjuku.com (●を@に変えてください)
WEB:http://sansonjuku.com
facebook:https://www.facebook.com/sansonjuku/

※お申し込み〆切は、各イベントの3日前です。


★関連イベント

8月31日(木)~9月2日(土)
九州大学ソーシャルアートラボ 実践講座「奥八女芸農学校」
アート・サマーキャンプ

九州大学ソーシャルアートラボでは、アーティストと連携した地域づくりを学ぶ実践講座を開講しています。
3年目となる今年度は、八女市黒木町笠原地区を舞台に「奥八女芸農学校」を開校します!

台湾、日本、アメリカのアーティストによるワークショップを体験し、そこから得られた知識をもとに企画を立案する実践型のプログラムを実施します。ここではアートを、作品やプロジェクトの制作を通じて、地域の中で人やモノによる新しい出逢いを生み出す「仕掛け」と捉えます。アートと農業の新しいつながりを見出し、ともに語り、聴き、味わってみませんか?

詳細はこちら⇒(九大ソーシャルアートラボHP)

≫ 続きを読む

笠原棚田米プロジェクト

笠原棚田米新聞 2017年7月号を発行しました

7月は稲がぐんぐん育つ季節。

田植えがひと段落したあと、稲が田んぼに根付き
一雨ごとにぐんぐんと伸びていきます。
日に日に、緑が濃くなっていく棚田です。

屋敷の棚田

お米をつうじて笠原の棚田とみなさんをつなぐ
「笠原棚田米プロジェクト」
7月5日に、7月分の棚田米を発送しました。

今月はサポーターのみなさんに、
棚田米農家の安達さんのお米をお届けしています。

棚田米新聞7月号

また、「笠原棚田米新聞」2017年7月号も発行しました。

笠原棚田米新聞2017年7月号(PDF)
↑こちらからダウンロードできます


「笠原棚田米サポーター」大募集中です!
 笠原の美しい棚田の風景を守り次世代に引き継ぐために
 お米を食べて棚田での米作りを応援してくださる
 棚田米サポーターさんを随時募集しています。
 詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 ◆笠原棚田米プロジェクトのページ

田植え

先日、地元小学校のみなさん、西南大学のみなさんと田植えをしました!

 

≫ 続きを読む