ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

NPO法人 山村塾 | 米づくり 森づくり 人づくり@八女市黒木町

ここから本文です

イベント・募集情報

2017年08月のバックナンバー 記事一覧

災害支援

【終了しました】朝倉市黒川地区 9月の災害ボランティア

平成29年7月九州北部豪雨により大きな被害を受けた
朝倉市黒川地区への災害支援にご協力をお願いします!!

豪雨災害

 
「黒川復興プロジェクト」に山村塾が協力します。

九州北部豪雨で道路が寸断されて一時孤立状態となった
黒川地区(122世帯)にて、黒川復興プロジェクトが立ち上がりました。
代表の柏田智さんは、黒川地区にIターンし林業に従事していますが、
地域の復興に目途がつくまで、仕事と調整しながらがんばりたいと
おっしゃっています。

黒川地区は集落への道路が大きく損壊し、仮設道路を通行する必要があります。
このため、ボランティアの支援が遅れており、
盆前にようやく第1陣が入り始めました。
山村塾では、黒川復興プロジェクトと連携し、
ボランティア募集や活動の調整・相談といった支援活動を行います

その1.朝倉市黒川地区 災害ボランティア募集!
その2.H29年豪雨支援へのご寄付をお願いします

1.朝倉市黒川地区 災害ボランティア募集!

黒木または朝倉に集まることができる方、おまちしております。

【日程】 

2017年9月7日(木)、14(木)、21(木)、26(火)
※雨天時や運営体制が整わないときは中止することがあります。
※上記日程は山村塾の活動予定です。
 黒川地区の災害ボランティアはこの日程以外でも行われます。   

【集合場所】

◆集合1◆7:30に八女市黒木支所駐車場
     (八女市黒木町今1314−1)
     山村塾車両等に乗り合わせて、集合2に向かいます。
     ※9/7(木)は黒木発着がありません。集合2へ直接お願いします。

◆集合2◆9:00にあまぎ水の文化村駐車場
     (朝倉市矢野竹831)
   http://www.mizunobunkamura.com/index.html#map
   ※国道386号線バイパス 下三奈木交差点から上流に上り、
    あまぎ水の文化村の建物施設を通過し、三差路を右手に曲がりすぐ。

【スケジュール】

7:30 集合1 八女市黒木支所
9:00 集合2 あまぎ水の文化村
   受付後、黒川地区へ(約30分)
9:30 現地ミーティング
10:00~12:00 作業
13:00~15:00 作業
15:00 片付け、ミーティング
15:30 現地を出発
16:00 あまぎ水の文化村解散
17:30 八女市黒木支所解散

※黒川地区への移動は河道内の仮設道路を通る必要があります。
 雨天時は中止、中断の可能性があることご了承ください。

【主な活動内容】

・家屋内外の片付け、荷物やゴミの運搬
・泥、石のかき出し、運び出し
・清掃や泥落とし作業
を優先して行います。
進捗度合いにより、田畑や水路の復旧作業、農作業のお手伝いも検討しています。

【募集対象】

・高校生以上(高校生は学校および保護者の同意(書)が必要です。)
・個人行動を慎み、活動上のルール、マナーにご協力いただける方
※最寄りの社会福祉協議会にてボランティア活動保険に加入してください。
 山村塾からの保険手続きをご希望の方は活動3日前までにご連絡ください。

【持ち物】

活動ができる汚れてもよい服装(長袖、長ズボン)、長靴(必需品)、
保険証、飲み物(2L以上)、弁当、タオル、帽子(又はヘルメット)、
厚手のゴム軍手、防塵マスク
※着替えがあると便利です。

【申し込み方法】

以下を事務局まで、メール・FAX・Facebookにてお知らせください。
1)氏名
2)年齢
3)住所
4)電話番号
5)携帯電話(あれば)
6)参加希望日
 ( )9/7(木)
 ( )9/14(木)
 ( )9/21(木)
 ( )9/26(火)

7)集合場所
 ( )黒木支所 ( )あまぎ水の文化村
8)所属やグループ(あれば)
9)山村塾からのボランティア保険加入を
 ( )希望する ( )希望しない
10)その他(ご質問など)
11)作業地までの移動に車を提供できる方は乗車定員・車種をご記入ください。
 事務局から改めて依頼させていただきます。


2.寄付の募集「平成29年豪雨支援」にご協力を!

平成29年豪雨支援へのご寄付をお願いします!
現地のボランティア活動に必要な物品・燃料の購入、
運営に必要な人件費など、復興支援に限定して活用させていただきます。

【振込先】

1.郵便振替口座
【加入者】山村塾
【口座番号】01740-4-88441
 ※通信欄に「平成29年豪雨支援」とご記入ください。

2.ゆうちょ銀行
【店名】一七九(イチナナキュウ)店(店番:179)
【口座番号】当座 0088441
 ※銀行からお振込みされた方は、お名前とご住所またはメールアドレス、
 「平成29年豪雨支援」への寄付金であることをお知らせください

※特定非営利活動法人山村塾(特例認定NPO法人)へのご寄付は、
 寄付に対する税制優遇を受けることができます。
 (参考)山村塾HP 特例認定NPOについて
  http://sansonjuku.com/news/archives/26


【お問合せ・お申込み先】

黒川復興プロジェクト事務局:
特定非営利活動法人 山村塾 小森
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1
TEL・FAX: 0943-42-4300
事務局携帯:080-8562-4558(当日の連絡先)
Eメール:info@sansonjuku.com
山村塾HP http://sansonjuku.com/
山村塾facebook https://www.facebook.com/sansonjuku/

≫ 続きを読む

里山ミニワーク

【終了しました】9/6(水)~10(日)国際里山ミニワーク 5days「棚田の草刈り1ha」

◆◆
国際里山ミニワーク 5days「棚田の草刈り1ha」
9/6(水)~ 10(日)  えがおの森(八女市黒木町)
草刈機ボランティア募集!美しい棚田の風景を守ろう!!
◆◆◆

草刈り

笠原では、5年前の豪雨災害以降、道路や河川の復旧工事は進みましたが、
高齢化や過疎化に拍車がかかり、手付かずになっている棚田が年々増えています。

美しい棚田が広がる笠原の南エリア・鰐八地区においても、
約1haの棚田が管理できない状態となっており、
山村塾では昨年より、ボランティアの皆さんと一緒この棚田の管理を始めました。

今年も国際ワークキャンプのボランティアと一緒に、棚田の草刈りを行います。
作業は刈払機を使いますが、講習もありますので、
初心者の方でも安心してご参加ください。


【日程】2017/9/6(水)~10(日)の5日間

【集合】9/6(水)10:30 えがおの森
【解散】9/10(日)16:30頃

【集合・滞在拠点】

笠原東交流センター「えがおの森」
〒834-1222 八女市黒木町笠原9836-1
TEL 0943-42-4300(山村塾事務局)
※アクセスはこちら⇒

※公共交通機関をご利用の方は、
 JR羽犬塚駅より「堀川バス」の下記便をご利用ください。
 [堀川バス] JR羽犬塚駅9:15発→黒木バス停9:59着便
 黒木バス停からはスタッフが送迎します(要連絡)

【内容】

・刈払機を使って、棚田の草刈りを行います。
・余裕があれば、耕うん、ソバの種まき等の畑しごとも行います。

棚田の草刈り

棚田の草刈り
とにかく広い棚田です!

 【備考】

・9/6(水)は刈払機安全講習会を開催します。
・9/8(金)午後は休みの予定です。
・里山80日ボランティア4名も一緒に活動します。
 食事づくり、片付けもみんなで交代で行いますのでご協力ください

すっきり!
草刈りが終わった棚田はとってもスッキリ!

 【参加費】

一般:9,500円 学生:6,500円
※施設利用料、滞在中の食費、保険、通信費として
※交流会の酒代を別途集めます。差し入れも大歓迎!です。
※山村塾の草刈り免許皆伝の方は割引します。

 【持ち物】

汚れてよい服装(長袖、長ズボン、地下足袋または長靴、帽子、軍手)
タオル、着替え、寝巻き、洗面用具(石鹸、シャンプーなどあります)
※雨天のときは雨具、長靴。(雨具、長靴は、貸し出しできますが
 お持ちの方はご準備ください。)
※作業着は裾袖締まりが良く、肌が露出しないもの。
 黒っぽい服は避けてください。
※施設に備え付けの洗濯機使えます。

 【対象】

16歳以上、定員10名くらい
・山村塾の草刈り作業経験者は日帰り、部分参加可能です。
※日帰りの場合、【集合】9:30【解散】17:00です。

 【申込〆切】9月3日(日)までにお申し込みください。

【申込方法】

以下をメール、FAX、電話にて、事務局までお知らせください。
 1)お名前
 2)連絡先
 3)ご所属(学生の方は学校名)
 4)草刈機の経験 いずれかに○印を記入ください。
  ・( )自信あり・( )使ったことある・( )なし
 5)黒木バス停からの送迎の必要
 6)その他(参加日程など)

【お申込み、お問い合わせ】

特定非営利活動法人 山村塾 事務局
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX 0943-42-4300
事務局携帯080-8562-4558
Eメール:info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
山村塾HP: http://sansonjuku.com/
山村塾facebook: https://www.facebook.com/sansonjuku/
 

草刈り隊
いっしょに汗を流しましょう!


----------------------------------------------------------
山村塾は1994年に黒木町笠原で発足し、棚田や森林の保全活動に
取り組むボランティア団体です。
平成24年7月の九州北部豪雨災害を受けて、笠原棚田米プロジェクトなどの
笠原地区の復興に取り組んでいます。
(棚田米サポーター募集! http://db.tt/OxhS73D8
----------------------------------------------------------
 

※この活動は積水ハウスマッチングプログラムの助成を受けて行われます。

≫ 続きを読む

災害支援

【終了しました】8/29(火)朝倉市黒川地区 災害ボランティア

平成29年7月九州北部豪雨により大きな被害を受けた
朝倉市黒川地区への災害支援にご協力をお願いします!!

豪雨災害

 
「黒川復興プロジェクト」に山村塾が協力します。

九州北部豪雨で道路が寸断されて一時孤立状態となった
黒川地区(122世帯)にて、黒川復興プロジェクトが立ち上がりました。
代表の柏田智さんは、黒川地区にIターンし林業に従事していますが、
地域の復興に目途がつくまで、仕事と調整しながらがんばりたいと
おっしゃっています。

黒川地区は集落への道路が大きく損壊し、仮設道路を通行する必要があります。
このため、ボランティアの支援が遅れており、
盆前にようやく第1陣が入り始めました。
山村塾では、黒川復興プロジェクトと連携し、
ボランティア募集や活動の調整・相談といった支援活動を行います

その1.朝倉市黒川地区 災害ボランティア募集!
その2.H29年豪雨支援へのご寄付をお願いします

1.朝倉市黒川地区 災害ボランティア募集!

まずは8/22、29の2日間、黒木町→朝倉市のボランティアを企画しています。
黒木または朝倉に集まることができる方、おまちしております。

【日程】 

2017年8月22日(火)、29日(火)
※雨天時や運営体制が整わないときは中止することがあります。
※上記日程は山村塾の活動予定です。
 黒川地区の災害ボランティアはこの日程以外でも行われます。   

【集合場所】

◆集合1◆7:30に八女市黒木支所駐車場
     (八女市黒木町今1314−1)
     山村塾車両等に乗り合わせて、集合2に向かいます。

◆集合2◆9:00にあまぎ水の文化村駐車場
     (朝倉市矢野竹831)
   http://www.mizunobunkamura.com/index.html#map

【スケジュール】

7:30 集合1 八女市黒木支所
9:00 集合2 あまぎ水の文化村
   受付後、黒川地区へ(約30分)
9:30 現地ミーティング
10:00~12:00 作業
13:00~15:00 作業
15:00 片付け、ミーティング
15:30 現地を出発
16:00 あまぎ水の文化村解散
17:30 八女市黒木支所解散

※黒川地区への移動は河道内の仮設道路を通る必要があります。
 雨天時は中止、中断の可能性があることご了承ください。

【主な活動内容】

・家屋内外の片付け、荷物やゴミの運搬
・泥、石のかき出し、運び出し
・清掃や泥落とし作業
を優先して行います。
進捗度合いにより、田畑や水路の復旧作業、農作業のお手伝いも検討しています。

【募集対象】

・高校生以上(高校生は学校および保護者の同意(書)が必要です。)
・個人行動を慎み、活動上のルール、マナーにご協力いただける方
※最寄りの社会福祉協議会にてボランティア活動保険に加入してください。
 山村塾からの保険手続きをご希望の方は活動3日前までにご連絡ください。

【持ち物】

活動ができる汚れてもよい服装(長袖、長ズボン)、長靴(必需品)、
保険証、飲み物(2L以上)、弁当、タオル、帽子(又はヘルメット)、
厚手のゴム軍手、防塵マスク
※着替えがあると便利です。

【申し込み方法】

以下を事務局まで、メール・FAXにてお知らせください。
1)氏名
2)年齢
3)住所
4)電話番号
5)携帯電話(あれば)
6)参加希望日
 ( )8/22(火)( )8/29(火)
7)集合場所
 ( )黒木支所 ( )あまぎ水の文化村
8)所属やグループ(あれば)
9)その他(ご質問など)


2.寄付の募集「平成29年豪雨支援」にご協力を!

平成29年豪雨支援へのご寄付をお願いします!
現地のボランティア活動に必要な物品・燃料の購入、
運営に必要な人件費など、復興支援に限定して活用させていただきます。

【振込先】

1.郵便振替口座
【加入者】山村塾
【口座番号】01740-4-88441
 ※通信欄に「平成29年豪雨支援」とご記入ください。

2.ゆうちょ銀行
【店名】一七九(イチナナキュウ)店(店番:179)
【口座番号】当座 0088441
 ※銀行からお振込みされた方は、お名前とご住所またはメールアドレス、
 「平成29年豪雨支援」への寄付金であることをお知らせください

※特定非営利活動法人山村塾(特例認定NPO法人)へのご寄付は、
 寄付に対する税制優遇を受けることができます。
 (参考)山村塾HP 特例認定NPOについて
  http://sansonjuku.com/news/archives/26


【お問合せ・お申込み先】

特定非営利活動法人 山村塾
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1
TEL・FAX: 0943-42-4300
事務局携帯:080-8562-4558(当日の連絡先)
Eメール:info@sansonjuku.com
山村塾HP http://sansonjuku.com/
山村塾facebook https://www.facebook.com/sansonjuku/

≫ 続きを読む

行事

【終了しました】9/3(日)稲作コース「鴨の引き上げ・赤米の花見」

◆稲作コース「鴨の引き上げ、赤米の花見」◆
 9/3 (日)  四季菜館(八女市黒木町)

6月から田んぼで働いてくれたアイガモを引き上げ、田んぼを囲うネットを片づけます。
ちょうど赤米の稲穂が美しいころでもあります。
茜色に染まる田んぼを見て楽しみましょう!

アイガモたち

すっかり大きくなったアイガモくんたち!と、赤米の田んぼです


【日程】

2017年9月3日(日) 10:00~16:00
※10時にオリエンテーション開始しますので、それまでに
 受付と着替えなどを済ませてお集まりください。

【場所】

農林業体験交流施設「四季菜館」
八女市黒木町笠原641 TEL0943-42-2722
※アクセスはこちら⇒

※公共交通機関をご利用の方は、
 JR羽犬塚駅より「堀川バス」の下記便をご利用ください。
 [堀川バス] JR羽犬塚駅8:50発→黒木バス停9:37着便
 黒木バス停からはスタッフが送迎します(要連絡)

*堀川バスをご利用の際は、1日乗車券がお得です!
 http://www.horikawabus.jp/local/one.html

【内容】

カモの引き上げ、カモネット片付け作業、赤米の花見など

おいこみ
まずアイガモくんたちを隅っこに追い込んで…

鴨をつかまえる
つかまえます!(このあとカモハウスへお引越し)

ネット片付け
田んぼを囲っていたネットを片付けます

ネットまきまき
ネットをぐるぐる巻きとっていきます

【参加費】

一般:1,000円(3歳以下無料)
活動コース会員:無料
※参加費は、昼食、保険、通信費を含みます。

【持ち物】

作業ができる汚れてもよい服装(長袖、長ズボン)、帽子、タオル、
作業靴(地下足袋または長靴)、滑り止めつき軍手
 ※棚田の畔を歩くため大変滑りやすいです。
  田植え靴、地下足袋、長靴または汚れても良い靴をご用意ください。

 ※ブヨ刺され防止に、長袖長ズボンがお勧め。
 ※雨天のときは雨合羽。(貸出用ありますが、できるだけご準備ください。)
 ※着替えがあると快適です。

田んぼ作業の服装
田んぼ作業の服装です

【定員】20名くらい

【申込〆切】8月31日(木)までにお申し込みください。

【申し込み方法】

 以下をメール、FAX、電話にて事務局までお知らせください。
1)お名前
2)連絡先
3)同行者のお名前(学生、子供の方は学年または年齢も)
4)黒木バス停からの送迎の必要

【申込み、お問い合わせ】

 特定非営利活動法人 山村塾
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX 0943-42-4300
メール info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
山村塾HP http://sansonjuku.com/
山村塾Facebook https://www.facebook.com/sansonjuku/
※当日連絡先は事務局携帯080-8562-4558まで


赤米の花見
赤米の穂もきれいな季節です!

山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや
豊かな生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです。

≫ 続きを読む

里山ミニワーク

【終了しました】8/26(土)~27(日)里山ミニワーク「棚田の草刈り」

◆里山ミニワーク「棚田の草刈り」◆
8/26(土)~27(日) 四季菜館(八女市黒木町)

様々ないきものが住み、美しい風景を楽しませてくれる棚田を守るため、
「棚田の草刈り」を行います。
お盆過ぎの畦草刈りを行うことで、9月中旬には美しい彼岸花を楽しむことが出来ます。

作業は草刈機を使いますが、きちんと講習を行いますので、
初心者の方でも安心してお申し込みください。

※今回の作業地は、山村塾が2000年から管理する、
四季菜館から少し下ったところの川向の元耕作放棄田です。
お米をつくることは出来ていませんが、ビワやブルーベリーを植樹し、
まずは荒れないように毎年2回の草刈りを行い、
余裕があればソバやサトイモ、ラッキョウなどを育ててきました。

草刈り隊
いっしょに草刈りしましょう!


【日程】

2017/8/26(土)~27(日)
・集合:8/26(土)9:30 四季菜館
・解散:8/27(日)16:00ごろ

【場所】

農林業体験交流施設「四季菜館」
八女市黒木町笠原641 TEL0943-42-2722
アクセスはこちら⇒

※公共交通機関をご利用の方は、
 JR羽犬塚駅より「堀川バス」の下記便をご利用ください。
 [堀川バス] JR羽犬塚駅8:12発→黒木バス停9:03着便
 黒木バス停からはスタッフが送迎します(要連絡)

【内容】

山村塾が管理する棚田の草刈り、夜は交流会。
(合間で四季菜館の畑の手伝いなども)

草刈り
刈払い機を使って草を刈ります

草刈りの整備
草刈り機の使い方もレクチャーします!

【参加費】

一般:5,500円
活動コース会員:4,500円
学生・子ども:3,000円
過去の講習参加者:2,500円
椿原さんに免許皆伝もらった人:無料
(1泊4食、保険、通信費として)

*日帰り参加費:1000円(昼食代、保険、通信費)
*交流会の酒代を別途集めます。差し入れも大歓迎!です。

【持ち物】

汚れてよい服装(長袖、長ズボン、地下足袋または長靴、帽子、軍手)、
タオル、着替え、寝巻き、洗面用具
(石鹸、シャンプーなどあります)
※雨天のときは雨具、長靴。
(雨具、長靴は、貸し出しできますが、お持ちの方はご準備ください。)

【定員】10名くらい

【申込〆切】8月24日(木)までにお申し込みください

【申込方法】

以下をメール、FAX、電話にて事務局までお知らせください。
1)お名前
2)連絡先
3)同行者のお名前(学生、子供の方は学年または年齢も)
4)黒木バス停からの送迎の必要

【お申込み、お問い合わせ先】

山村塾事務局
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX: 0943-42-4300
事務局携帯:080-8562-4558(当日の連絡先)
Eメール:info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
山村塾HP:http://sansonjuku.com/
山村塾Facebook:https://www.facebook.com/sansonjuku/


草刈り隊2
今年は蕎麦を植える予定です!

*里山ミニワークは、里山でちょこっと働こう!を合言葉に、棚田や里山の保全活動を行うボランティア合宿です。
*山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや豊かな生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです。

≫ 続きを読む

合宿ボランティア

【里山80日ボランティア】キャンプリーダー募集!!

2008年より、山村塾とNICEの共催により毎年開催している
「里山80日ボランティア」、今年も8月より開催します。

ただいま、この80日間のワークキャンプの
日本人リーダーを募集しています!
(現在、海外から3名、日本から1名のメンバーが参加予定です)

ワークキャンプの内容とリーダーの募集事項は以下のとおりです。
どうぞよろしくお願いいたします!

炭焼き
Join us!!


【里山80日ボランティア】リーダー募集要項

【日程】2017/8/28~11/15

【内容】
 棚田での米づくりや耕作放棄地の草刈り、
 地域農家や地域行事の手伝いなどを行います。

【80日間のリーダーの役割】
・参加者をまとめる、リードする
 →ワークキャンプ中のワーク、生活面をリードしていきます。
・参加者と地域の架け橋
 →本番中に参加者と地域が仲良くなれるように、橋渡しをしていきます。

【対象】NICEの国際ワークキャンプ・中長期ボランティア経験者

【待遇】参加費無料・交通費もNICEが負担してくれます(上限あり)。

【過去リーダーの声】
 黒木での経験は色々なものを変えてくれた。
 のこぎりで色々切れるようになったのも、
 チームの動きを見るようになったのも、
 農家の人をかっこいいと思えるようになったのも、
 田舎や日本が好きになったのも。他にもたくさん。
 たった80日でこれほどの変化があったことは驚いている。
 世界一周の旅をして周ったけど、
 その時よりも今回の経験の方がインパクト大きかった。(過去リーダー)

【こんな人におススメ】
・海外のボランティアと地域を結びつける意欲のある人!
・日本国内で外国人メンバーに日本の良さを知ってもらいたい!
・有機農業特に無農薬の米作りなどを通しての田舎暮らしが経験できる!
・第2の故郷をつくりたい!

フェアウェル
お別れのころには、地元のひとみんなと仲良しに…!


◆詳細はこちら
 NICEホームページ http://www.nice1.gr.jp/LW-KU2/

◆山村塾のワークキャンプ 活動の様子はこちら↓
 http://egaonomori.exblog.jp/

【お問合せ・申し込み】

NPO法人NICE日本国際ワークキャンプセンター
担当:井口
TEL:03-3358-7140 FAX:03-3358-7149
Mail:lm-in●nice1.gr.jp (井口) ※●を@に変えてください

≫ 続きを読む