ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

NPO法人 山村塾 | 米づくり 森づくり 人づくり@八女市黒木町

ここから本文です

イベント・募集情報

2016年09月のバックナンバー 記事一覧

行事

【終了しました】10/16(日)稲作コース「稲刈り」

◆稲作コース「稲刈り」◆
10/16 (日)  四季菜館(八女市黒木町)

山村塾・稲作コースが管理する棚田にて
手ガマで稲刈り、かけ干しを行います。
お昼ごはんは新米のアイガモ米を羽釜で炊きます!!
なんと、参加者には、四季菜館から新米プレゼント!カモ!?
お楽しみに!!

稲刈り


【日程】

2016/10/16(日)10:00~15:30くらい
※10時にオリエンテーション開始しますので、
 それまでに受付と着替えなど済ませてください。
 よろしくお願いします。

【場所】

農林業体験交流施設「四季菜館」
八女市黒木町笠原641
アクセスはコチラ⇒

【内容】

手ガマで稲刈り、かけ干しを行います。
稲刈り後は、
A班)昔ながらの足踏み脱穀機での脱穀体験、籾摺り乾燥施設の見学。
B班)椿原家の稲刈りか農作業の手伝い
の2コースを予定しています。
※昼食準備をお手伝いいただける方も募集しています。

レクチャー
鎌(のこ鎌)を使って刈り取ります!

ざくざく
ざくざくという感触がおもしろいんです!

足踏み脱穀機
昔ながらの道具を使って体験!こちらは「足ふみ脱穀機」。

もみすり
すりばちとボールを使って、もみがらを外す「もみすり」。
お米が食べれるようになるまでいっぱい作業がある!

【参加費】

一般:1,000円(3歳以下無料)
活動コース会員:無料
※参加費は、昼食、保険、通信費を含みます。

【持ち物】

作業ができる汚れてもよい服装(長袖、長ズボン)、帽子、タオル、
作業靴(または地下足袋、長靴)、滑り止めつき軍手
※稲で肌がかゆくなる方がいますので、肌を露出しない格好でお越し下さい。
※雨天のときは雨合羽、長靴。
 (貸出用ありますが、できるだけご準備ください。)
※着替えがあると快適です。

稲刈りの服装
稲刈りのときのおすすめの服装です

【定員】50名くらい

【申し込み方法】

以下を事務局までお知らせください。
1)お名前
2)連絡先
3)同行者のお名前(学生、子どもの方は学年または年齢も)
4)黒木バス停からの送迎の必要

※送迎希望の方は、
 堀川バス JR羽犬塚駅8:50発→黒木バス停9:37着便をご利用ください。
 黒木バス停からスタッフが送迎します(要連絡) 

【連絡先・申込先】

山村塾事務局
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX:0943-42-4300
事務局携帯:080-8562-4558(当日の連絡先)
Eメール:info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
山村塾HP: http://sansonjuku.com/

はざかけ
収穫した稲を”はざかけ”して乾燥させます!

+++++++++++++++++++++++++++++++
※山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや
 豊かな生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです。
+++++++++++++++++++++++++++++++

≫ 続きを読む

里山ミニワーク

【終了しました】10/2(日)里山ミニワーク「炭焼き」

里山ミニワーク「炭焼き」
10/2(日)八女市黒木町

※年間予定では10/22(土)に予定していましたが、
10/2(日)に変更しました※

山村塾の炭窯で、炭のタテカエを行います。
タテカエとは、前回焼いた炭を取り出して、新しい炭木を仕込む作業です。
朝まで火がとぎれないように、夜は火の番をしながらBBQキャンプも行います。
星空の下でたき火を囲んで語りましょう!

炭焼き


【日程】

2016/10/2(日)9:30~16:00

【集合】

9:30に、
笠原東交流センター「えがおの森」集合
八女市黒木町笠原9836‐1
アクセスはこちら⇒

※集合後、炭窯に移動します。

【内容】

・炭焼き  
 宮園家の炭窯のたてかえ(炭だし、炭焼き)

・火の番キャンプの参加者も募集!
 10/2(日)夜~3(月)朝 解散
 炭小屋でたき火とBBQをしながら、炭窯の火の番をします
 キャンプ(小屋かテント泊)はちょっと…という方は、えがおの森宿泊も可能です。

炭窯
こちらが炭窯と、窯から出した炭です!
選別し、炭木のはしっこの部分を切り落として袋詰めします。

炭出し
窯の中から炭木を出していきます。

炭入れ
そして新たに焼く木を窯に入れていきます。(けっこう重い…)

火入れ
窯に火をつけ、火が消えないように火の番をします。

【参加費】

一般:1,500円(3歳以下無料)
活動コース会員:1,000円
(参加費は、昼食、保険、通信費を含みます。)

※火の番キャンプは、参加費に追加して
夕食代1,000円+酒代別途、朝食代500円

【持ち物】

汚れてよい服装(長袖、長ズボン、作業靴、帽子、軍手)
ほこりっぽいので、マスクもあるとよいです。
※雨天のときは雨具、長靴。
(雨具、長靴は、貸し出しもできますが、お持ちの方はご準備ください。)

※火の番キャンプに参加される方は、タオル、着替え、寝巻き、洗面用具、
 防寒着(標高500mなので、少し冷えます。)、
 寝袋(キャンプの方。貸し出しできます。要予約)

もちもの
服装はこちらを参考ください!

【定 員】

15名くらい

【申込方法】

9/30(金)までに、以下をお知らせください。
1)お名前
2)連絡先
3)同行者のお名前(学生、子供の方は学年または年齢も)
4)黒木バス停からの送迎の必要
5)火の番キャンプの参加希望、寝袋の希望

※送迎希望の方は、
 堀川バス JR羽犬塚駅8:12発→黒木バス停9:03着 をご利用ください

【申し込み・お問い合わせ:】

山村塾事務局
〒834-1222 福岡県八女市黒木町笠原9836-1 えがおの森
TEL・FAX 0943-42-4300  
事務局携帯080-8562-4558(当日連絡先)
メール:info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
ホームページ:http://sansonjuku.com

火の番BBQ
火の番BBQとキャンプもおすすめです。夜空をながめながら語り明かしましょう!

≫ 続きを読む

講座・研修

【募集終了】堆肥作り講座2016秋(9/27・10/11)

堆肥作り講座

安心、安全な野菜作りは「土づくり」から。

国内外で活躍中の循環生活研究所から講師をお招きし、
生ごみを利用し家庭で手軽にできる堆肥づくりから、
落ち葉や雑草、剪定葉、農業残さの堆肥化といった本格的なものまで
全2回の講座を通じて学びます。


【第1回】 基礎編
【とき】

2016年9月27日(火)10:00~15:00(9:30~受付)

【ところ】

えがおの森(八女市黒木町笠原9836-1)
アクセスはこちら→

【内容】

 ・堆肥づくりの基礎
 ・私たちの暮らしと資源循環
 ・ダンボールコンポストについて
 ・農家が取り組む堆肥づくり(視察)

【講師】 NPO法人循環生活研究所より
     たいら 由比子さん、波多野 信子さん


コンポストのつくりかた
【第2回】 応用編
【とき】

2016年10月11日(火)10:00~15:00(9:30受付)

【ところ】

循環生活研究所(福岡市東区三苫)

【内容】

循環生活研究所の活動地(畑)およびオフィスを視察し、
いろいろな堆肥づくりとその活用方法を学びます。
(木枠コンポスト、設置型コンポストなど)

【講師】 NPO法人循環生活研究所より
     たいら 由比子さん、波多野 信子さん


◆第1回・第2回 募集要項◆◆
【対象】

どなたでも。各回10名程度
※第2回の参加には、第1回の受講が必要です。
※国際ワークキャン「里山80日ボランティア(9/6~11/24)」に参加中の
 国際メンバー6名も参加するため、日本語の講座に英語の通訳を加えて実施します。

【参加費】

1,000円/回 および、テキスト別途必要
※昼食代、保険代、運営費として
※テキストは「堆肥づくりのススメ(循環生活研究所/700円)」を使用します。
 ご持参いただくか当日ご購入下さい。

じゅんなま研テキスト

【持ち物】

汚れてよい服装(長袖、長ズボン、長靴や汚れてよい靴、帽子、軍手)
タオル
※座学の他、畑など屋外での実習も予定しています。
※長靴がお勧めです。

【申込方法】

 以下を明記の上、事務局までお申し込み下さい。
 定員なり次第〆切ります。
 1)お名前
 2)連絡先
 3)所属(あれば)
 4)黒木バス停から送迎の必要
 5)参加希望の講座(○印をつけてください)
  (  )第1回基礎編9/27(火)
  (  )第2回応用編10/11(火)

【申込み、お問い合わせ先】

特定非営利活動法人 山村塾 (担当:小森)
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX 0943-42-4300  事務局携帯:080-8562-4558
メール:info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
山村塾HP:http://sansonjuku.com/


※この活動は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の
 助成を受けて行われます。
※山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや
 豊かな生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです


■■■講師紹介■■■

波多野 信子(NPO法人循環生活研究所 会長)
 堆肥づくり歴50年。いい土が欲しい一念で現在に至る。
 講座以外はほとんど畑に在住。 コンポストトレーナー

たいら 由以子(NPO法人循環生活研究所 理事長)
 コンポストトレーナー、人材養成担当、ベッタ会世話人、
 NPO法人日本環境ボランティアネットワーク理事
 環境省環境カウンセラー、環境再生医環境教育部門中級

■NPO法人循環生活研究所(じゅんなま研)
じゅんなま研 ホームページ
活動紹介(youtube)

暮らしに必要なものが地域内で循環する、楽しく創造的な暮らしを地域に提案。
ダンボールコンポストの人材養成・支援事業でリーダー支援を国内外で実施。
地産型基材開発として海藻アオサを福岡市港湾局と堆肥化事業を実施。
農的なくらしと環境コミュニティビジネスを都市でつなげる「小さな循環ファーム」「半農都会人講座」を主宰。
じゅんなまけん日記
http://www.jun-namaken.com/diary/
半農大学生日記
http://www.jun-namaken.com/blog/

How to make compost

≫ 続きを読む

笠原棚田米

【終了しました】9/22(木祝)棚田と彼岸花の見学ツアー

棚田と彼岸花の見学ツアー(笠原棚田米プロジェクト)
9/22(木・祝) 八女市黒木町笠原

彼岸花美しい棚田の風景を眺める見学ツアーを行います。
お昼は、昔ながらの羽釜で薪を使って炊いた棚田米を食べながら、
棚田米農家との座談会や笠原棚田米プロジェクトの紹介を予定しています。
参加費無料。棚田に関心のある方であれば、どなたでも参加できます。

彼岸花の咲く棚田
彼岸花の咲く棚田をバスでめぐります。


【日時】

2016/9/22(木・祝)10:00~15:30

【集合時間・場所】

八女市役所黒木総合支所の駐車場 10時集合
(八女市黒木町今1314-1)
※黒木支所へのアクセスはこちら⇒

※公共交通機関をご利用の方は、
JR羽犬塚駅から堀川バス(羽犬塚8:50発→黒木9:37着)をご利用下さい。
スタッフが送迎に参りますので、申込時に送迎希望とお知らせ下さい。
※堀川バス ホームページ

【内容】

マイクロバスで棚田を巡り、周辺を散策します。
昼食は棚田米の羽釜炊きご飯を農家の方々といただきましょう。
昼食後、座談会(農家と意見交換、プロジェクトの紹介)を予定しています。
農産物販売(棚田米、八女茶、梅干し、ラッキョウ等)も予定!

彼岸花と棚田

屋敷の棚田
こんな棚田と彼岸花の風景をご案内します!

はがまごはん
お昼ごはんは羽釜で炊いた棚田米です!

【参加費】 無料

【対象】

棚田保全、棚田米プロジェクトに興味関心のある方

【参加申込】

以下ご記入の上お申し込みください。
定員(25名)になり次第〆切ります。

1)お名前
2)連絡先(当日連絡用に携帯電話)
3)同行者のお名前(学生、子供の方は学年または年齢も)
4)黒木バス停からの送迎が必要な方はお知らせください。

【連絡先・申込先】

山村塾事務局
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX 0943-42-4300
事務局携帯080-8562-4558(当日の連絡先)
Eメール:info●sansonjuku.com(●を@に変えてください)
山村塾HP  http://sansonjuku.com


【笠原棚田米プロジェクトとは】

平成24年九州北部豪雨災害で甚大な被害を受けた棚田の風景を
り引き継ぐことを目指し、平成25年にスタートしました。
これまでに9軒の棚田米生産農家と約100名の個人や企業、飲食店などの
棚田米サポーターに参加・協力頂いております。
楽しく美味しく、棚田の風景を共に守ってくれるサポーターを募集中です!
※棚田米サポーター募集! 詳細はこちら⇒

棚田米


※この活動は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて行われます。

≫ 続きを読む